都会で活躍していた人が、地元に戻って看護師として働くメリットはどんなものがあるのでしょうか?まず考えられるのは、生まれ育った地元ということで、地域についての情報を入手しやすくなるということでしょう。

地名や特産物を知っていると、スムーズに患者との会話もできます。しかも、地域の特徴を理解しているので、ローカルルールについて学ぶ必要もありません。都会の病院と比べると地方の場合は、患者と接する機会が自然と増えてきますが、何気ない会話が成立するのは強みになります。地方の病院であれば地域密着型の病院がほとんどであり、患者は近隣の住民というケースがほとんどでしょう。地域とのつながりが強いのが地方の病院の特徴なので、Uターン転職の受け入れにも寛容です。

また、実家暮らしに戻った場合には、時間的にも金銭的にも負担が軽くなる傾向にあります。一人暮らしをしていたときには全て自分でしなければならなかった家事や炊事も、実家暮らしになれば分担して行うことが出来ます。全てを自分でやる必要がなくなるので、自由な時間が持ちやすく、ワークライフバランスも取りやすくなります。

さらに、実家にも戻った場合には、家賃にかかる負担がなくなるので貯金や趣味にお金を回せるようになるでしょう。それに、地元で働いていると知り合いや級友に会うことも多くなり、人との交流も盛んに行えるようになり、プライベートの充実も図れます。このように、地元に戻って働くことは、都会にはない魅力がたくさんあるのです。